廣田幸子の水彩画 //
廣田栄一の水彩画集 ..... カウンター " border="0">
gallery
 ★ 最近の作品
 ★ ヨーロッパの風景

 ★ 日本の風景
           
information

 ★ スケッチ会の案内
        ★ 展覧会のお知らせ
         
profile
 ★ 栄一の略歴
link
   ★ 廣田幸子の作品
 

廣田栄一の水彩画集へようこそ
寒さが厳しくなります。風邪をひかないよう暖かくしてスケッチに行きましょう。

※パソコン故障の為、長い間更新できませんでした。

  
やっと出来るようになりましたので、徐々に更新します。

※”第11回パレット会水彩画展”終了致しました。
  
大勢の方にご来場頂き、誠に有難うございます。⇒展覧会のお知らせをクリックしてください。

    
生徒の作品を載せています。是非もう一度ご覧ください。⇒展覧会のお知らせ⇒生徒の作品
o

※パレット会スケッチ旅行第22回行ってきました→スケッチ会の案内参照
    

※ 第20回パレット会”御嶽スケッチ旅行”に行ってきました。紅葉最高!!(スケッチ会の案内をクリックしてね)

※第19回パレット会軽井沢スケッチ旅行へ行ってきました。!!
  
★スケッチ会の案内をクリックして、見てくださいね。

今日は桜を描きに千葉県飯給駅と月崎駅に行ってきました。(2017.4.13木曜日)
  
最高の桜日和、早朝7時20分に家を出て東京から総武線快速8時2分に千葉行き乗車の予定が、
  何と、線路内に安全確認の為遅れるとの事です。10分遅れにて、千葉駅到着。
  千葉より内房線の君津行き快速乗車出来ないと一時間以上の時間ロス!でも運よくこちらも遅れていたのでホットしました。
  ただ、五井駅に到着して、予定の小湊鉄道養老渓谷行がもう出てしまいました。何せ、本数が少ないので、がっかりしてたら、
  上総牛久行が後30分で出るとの事、ベンチで朝食のサンドイッチを食べ、一安心。
  目的地は”飯給駅””月崎駅”
上総牛久から里見迄トロッコ電車”に乗る(養老乃瀧行きだが、飯給駅は止まらないとの事、)
  トロッコ列車に乗ってビックリ!鉄道写真家の”中井精也さん”一行が乗っていた。(テレビ放映されるそうです)
  駅員さんの話では
里見駅から飯給駅までは歩いても10分も掛からないと言われたので、それを信じて歩きました。
  最初は長閑な田舎の風景を満喫しながら歩きましたが、すぐに線路から外れ、上ったり、下ったりで、聞きながら何とか飯給の駅に到着
  30分以上は掛かりました!!反省!!田舎の道は平たんではないので、あまりお進めできないですね。
  大勢の人達がカメラを構えて電車が来るのを待っていました。
  駅に着くと、とても美味しそうな焼き芋の匂い、思わずベンチで食しました。
  普通にトイレを探して、入ってビックリ!後で分かったのですが、”
世界一大きなトイレ”との事、ドアを開けると、菜の花畑と桜の道があり
  奥に透明の囲いの中にトイレがある。何とも幸せな気分になる。
  早速私たちも皆に交じってカメラを構える。丁度田んぼに水を張った時期なので桜が映って又趣がある
  ”手前に菜の花が一面に咲き乱れ、古い趣のある駅舎と、回りは桜が満開に咲き誇っている。
  その中に”オレンジと赤の電車”が来た!大勢のカメラマンが一斉にシャッターを切っていた。
  それから、2時間位描く。その時”やはり写真より絵の方が素敵ですね”と声を掛けてくれた。思わず嬉しくなって、話をする。
  
BさんとSさん、とても気さくな方で、話が弾み人生相談までなった。私達より10才位若い方なので、思わず経験談をする。
  再婚を考えているお二人との事、是非お幸せになって下さいね。(来年の個展に二人で来てくださいと、前のハガキを渡す)
  それから、一駅”
月崎駅”へ行き、もう一枚描き始めた。
  すると、駅で先ほどのお二人が手を振っていた。しばらくすると、私たちの所まで来て、”
揚げたてのイカメンチ”を差し入れしてくれた。
  さっき飯給駅で”ここのイカメンチ美味しいとの評判なんですよ”と言っていた。
  すごく感激しながら、遅めのお昼のお握りと一緒に頂いた。”菜の花と桜と心のこもったイカメンチ”
旅っていいなー!!
  帰りは”月崎駅”
16時14分発〜千葉〜品川〜蒲田19時頃、
  夜、Bさんからメールがきた。楽しいひと時でした。有難うございます。

  



※ 第13回廣田栄一水彩画展終了致しました。
  
お忙しい所、大勢の方にご高覧頂き誠に有難うございます。
  皆様からのご講評を糧に、これからも努力精進致します。
  次回は2019年3月〜の予定です。今後共宜しくお願い致します。
  ※個展作品の一部です
/


  
 ※クロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ行ってきました!!

   9/24
羽田発14:05発→フランクフルトへ18:45着→(約11時間40分)
     着後、航空機を乗継、フランクフルト発21:45⇒グラーツへ(オーストリア)グラーツ着23:05
     着後、バスにて
ブレットへ(約210q)約2時間半
     やっとホテルに到着でs。ブレット(ホテル・サヴィカ)26:30
  9/25早速”ブレット湖観光”です。今日は15℃肌寒い
     手漕ぎボートに乗って小島へ、100段の階段を登り、聖マリア教会へ
     スロヴィニア最古の白ひとつ”ブレッド城
     湖に浮かぶ島にあるロマンシックな
教会と、その上に建つ城の風景は素晴らしいですね。
     城内中庭を中心に印刷所、ワインセラー等を散策、展望テラスより、ユリアンアルプスの眺望。
     
昼食後、バスにて108q⇒”ボストイナ”鍾乳洞内はなんと10℃
     
いよいよ”ポストイナ鍾乳洞”長いトロッコ列車にのり、内部へ(全長28q、5qが人が入れる)
     もの凄い人で世界中から来てるよう。特に中国の方が多いですね。(自撮り棒が流行っていて、禁止なのに…・)
     ヨーロッパでは一番だそうです。兎に角広く、素晴らしい白や淡いピンク系の発色で自然の織りなす形が、  
     美術品の彫刻や風景画が連なっているよう。兎に角凄い!!トロッコから降りて、延々と歩く、1時間は歩いた。
     ⇒オパティアへ(約62q)アドリア海に面している。”ホテルアストリア泊
  9/26朝8:00出発、⇒プーラへ(約92q1時間半)ここからはクロアチアです。晴天20℃
     今回は何度もバスで国境を超えました。その都度、パスポートを集めたり、かなり厳しいですね。
     今迄の旅行もヨーロッパ国境越えはあったけど、パスポートさえも集めた事はなかったです。
     イストリア半島は紀元前からローマに征服されているので、かなり長い間イタリア人が多かった。
     円形劇場、アーチの門等遺跡が多い。旧市街へ狭い路地等、イタリアに似ている。
     ポレッチへ(バスにて60q)
     ここは、”白トリュフ”が名産。白トリュフを使ったパスタ、美味しい。
     ”エウフラシウス聖堂”旧市街散策、
     ターコイズブルーの”アドリア海”に面するリゾート地です。クルーザーも多くお金持ちのリゾート地
     ⇒ロヴェニへ 観光 青空市場にて、白トリュフをゲット。
     ⇒オパティアのホテルへ約1時間半⇒二泊目

     
ブレット湖