廣田幸子の水彩画 //
廣田栄一の水彩画集 ..... カウンター " border="0">
gallery
 ★ 最近の作品
 ★ ヨーロッパの風景

 ★ 日本の風景
           
information

 ★ スケッチ会の案内
        ★ 展覧会のお知らせ
         
profile
 ★ 栄一の略歴
link
   ★ 廣田幸子の作品
 


廣田栄一の水彩画集へようこそ
とても暑くなりました。気温の変化に気を付け、暑さ対策をしましょう。
※暑いです!!
  涼しいアトリエに描きに来ましょう。!
  教室展も近くなりました。是非一枚でも多く完成させましょう。


※ 令和元年です。!!

  どんな年になるのか、ワクワクですね。素晴らしい年になりますように!
  早速、スケッチ他素敵な絵を描きましょう!

※第14廣田栄一水彩画展 終了致しました
 
 寒さも残る中、大変大勢の方々にご高覧頂き、大変嬉しく思っております。
 スケッチ画会の先生方、絵の友人たち、又色々お世話になった方々、
 新聞の掲載を見て、駆け付けてくれた方、毎年来てくださる方、
 正しく、この個展は絵画と共に皆様方と交流出来る最高の場です。
 様々なご講評、又色々な情報(スケッチ場所等)本当に有意義でとても楽しい一週間でした。
 誠に有難うございます。
 これからも皆様に感動を伝えられるよう、更に努力精進致します。今後共宜しくお願い致します。

※第24回湯西川温泉パレット会スケッチ旅行!!
 ⇒スケッチ会の案内をクリック
  

※”第11回パレット会水彩画展”終了致しました。
  
大勢の方にご来場頂き、誠に有難うございます。⇒展覧会のお知らせをクリックしてください。

    
生徒の作品を載せています。是非もう一度ご覧ください。⇒展覧会のお知らせ⇒生徒の作品
o
※パレット会スケッチ旅行第23回”上高地”行ってきました⇒スケッチ会の案内参照!


※パレット会スケッチ旅行第22回行ってきました→
スケッチ会の案内参照
    

※ 第20回パレット会”御嶽スケッチ旅行”に行ってきました。紅葉最高!!(スケッチ会の案内をクリックしてね)

※第19回パレット会軽井沢スケッチ旅行へ行ってきました。!!
  
★スケッチ会の案内をクリックして、見てくださいね。

※フランス初夏のブルターニュ地方に行ってきました!

 
 
2019年7月2日8時半成田空港に集合。エールフランス航空にて12時間のフライト。
  パリ着,現地時間16時10分。
パリにて宿泊です。
 7/3 
パリ9:05発、ブレスト空港へ1時間のフライト
    専用車にて最果ての港町
”カマレ”に立ち寄り3時間のスケッチ
    朽ち果てた廃船が何艘も残っており、真っ青な海と教会、
    絵の意欲を注がれる風景でした。
    ただ、大変残念な事に、船底が完全に見える程、水が引いてしまいました。
    兎に角暑い!!日影がなく、日傘をさして初めての一枚を描く。
    今日の宿泊地ロクロナンへ移動 ロ
クロナン3泊
 7/4 朝9時集合
ロクロナンの街並み散策して、いよいよ終日スケッチです。
    花崗岩でできたルネサンス時代の家並みがそのまま残っていて、
    帆布の生産により栄た屋敷も残り、とても趣がある田舎町です。
    広場の中心には石畳の広場と石造りの邸宅、ノートルダム福音礼拝堂、
    古い井戸も残されており、よく映画の撮影にも使われるという。
    坂の高い路地から、塔を望むと、遠景が又素晴らしい。
    この街に来て、一番目に留まったのは、何といっても”紫陽花”
    石造りの渋い家に、この”
紫陽花”の色とりどりの大輪が軒並み咲き誇っている。
    ヨーロッパの花はやはり”バラ・ゼラニューム”等が大半をしめているが、
    ここの”紫陽花”の多さにビックリです。でも素敵ですね。朝から夢中で描く。
    お昼は部屋に戻り、日本から持ってきた。”カップラーメン”とご飯・缶詰
    実は非常食用のですが、これが実に美味しい!
 7/5 今日も朝から一日
ロクロナンにてスケッチ
    兎に角毎日暑い!!日差しが強く、帽子を被って日影でスケッチしても焼けた!
    夕方、今まで歩かなかった裏通りを散歩。何処を切り取っても絵になる!
    5時半に集合、講評会をしました。皆さんの絵も大変参考になりました。
    夜はレストランにて食事です。暑いのでビール・ワインが美味しそう!
    私は主人のビールを二口飲んだだけで、真っ赤になり酔ってしまった。
    それが美味しかった!他の料理も、まずまずでした。
    デザートは最高です!ただ野菜がない!
    毎日野菜不足でしたね。対策はしてます。
    この町には、とても
お洒落な店が沢山ありました。
    レース、ぬいぐるみ専門店、雑貨の店、子供孫達にお土産が買えた。
 7/6 今日は移動日9時発
オーレイへ。途中”ポン・タヴェン”にてス5時間のスケッチタイム
    
ゴーギャンを中心とした画家達が住んたという。
    メインストリートには多くのギャラリーが集まっている。
    アヴェン河口の町、水車もあり、風情がある。
    やはり暑いので、日影を見つけ皆で筆を走らせる。
    午後、レストランは時間が掛かりそうなので、フランスパンのサンドイッチとジュース。
    これが美味しい!さあ、午後も一枚と思ったら、何と、
河に水がない!!
    海に近いとはこういう事?絵を描く気力が失せてしまった。
    せっかくなので”
ゴーギャン美術館”へ。又道沿いのギャラリーを見学。
    素晴らしい街なのだが、河に水がないと・・・
    バスにて”
オーレイ”に到着。ロック川に面した小さな港町です。
    今回は
ホテル★2との事でしたが、何とここのホテルラッキー!
    バスタブ付き、広いダブルベットと、シングルベット二台、私が広い方!
    広いテラス付きでした。窓からは川の風景も見えます。
オーレイ3泊
         
         
         
         

 7/7 
オーレイにて終日スケッチです。
    朝食の
クロワッサン最高に美味しかった!
    朝9時から、港町の中心にてスケッチ。やはり暑いので日陰を見つけ皆で
    船、川、町並みを描く。まだ開店前の港の広場の片隅です。
    昼はやはり最高の部屋に戻り最後の缶詰とインスタントのご飯。
    午後は高台の生い茂った木の下で、爽やかな風の中でのスケッチ。
    やっと心地よくスケッチ出来ました。
    夜は19時集合レストランへ。さすがフランスでもかなり地の果て、他の外国人はいない。
    こちらの人は皆外のテラスでの食事。私たちは昨日暑かったので、レストランの店内での食事。
    店内も凄く広いのですが、私たちだけでしたね。
    ここの”今日のデザート”メニュー最高でした。
 7/8 
オーレイ最終スケッチです。
    朝食の、最高のクロワッサンとコーヒー、果物、他を頂く。
    連日の暑さで、小々バテ気味ですが、今日は朝から高台の広場で蚤の市があるそう。
    モチーフを探しに歩き回ったが、ない!!
    殆ど、食料品、日用雑貨でした。残念。今回モチーフが買えなかったね。
    街並みに
鯉のぼりが大量に飾っていました。どういう意味かわからないそう。
    取り敢えず、お洒落なカフェと街の雰囲気を描く。
    ここの河もそうですが、今回は午後になると、河の水がなくなり、船底がみえる!!
    やはりお昼にホテルに帰る。流石にバテました。
    今日は最終と思い、兎に角ゆったり、
優雅に過ごしたい!
    海外に来て、
初めて昼寝をする(私のみ)。広いダブルベット、爽やかな風、最高!!
    1時間半程寝て、さてこの暑いのにスケッチに外は行きたくなく。
    部屋で絵を描く。最高の優雅な時間でした。
    
主人は張り切って一日中スケッチです。( ´艸`)
 7/9 ブレスト空港へ向かう、途中”
カンペール”により、4時間スケッチ
    細い川が流れている一角のカフェの外で、冷たいジュースと菓子パンを齧りながら、
    一枚描く。描いているうちに日影がなくなってくる。
    後はショッピングを楽しむ。お店が全て大バーゲン中!
    子供や孫達のお土産をゲット!主人がいつもと違う帽子をゲット!
    一緒に行った。K先生とお揃いの帽子!本人ご満悦です。
    今回あまりにも焼けたので、つばのある帽子が欲しかった!
    帽子の記念写真を撮り、色々な思い出を胸にバスに乗り込む。
    エールフランス航空にてパリで乗り換え、帰国の途に。
 7/10 羽田空港18時25分無事到着
    素晴らしい、ブルターニュ地方スケッチ旅行が終わりました。
         
         
          
    
    
 
  
第13回廣田栄一水彩画展終了致しました。
  
お忙しい所、大勢の方にご高覧頂き誠に有難うございます。
  皆様からのご講評を糧に、これからも努力精進致します。
  次回は2019年3月〜の予定です。今後共宜しくお願い致します。
  ※個展作品の一部です
/


  
 ※クロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ行ってきました!!

   
9/24羽田発14:05発→フランクフルトへ18:45着→(約11時間40分)
     着後、航空機を乗継、フランクフルト発21:45⇒グラーツへ(オーストリア)グラーツ着23:05
     着後、バスにて
ブレットへ(約210q)約2時間半
     やっとホテルに到着です。ブレット(ホテル・サヴィカ)26:30
  
9/25早速”ブレット湖観光”です。今日は15℃肌寒い
     手漕ぎボートに乗って小島へ、100段の階段を登り、聖マリア教会へ
     スロヴィニア最古の白ひとつ”ブレッド城
     湖に浮かぶ島にあるロマンシックな
教会と、その上に建つ城の風景は素晴らしいですね。
     城内中庭を中心に印刷所、ワインセラー等を散策、展望テラスより、ユリアンアルプスの眺望。
     
昼食後、バスにて108q⇒”ボストイナ”鍾乳洞内はなんと10℃
     いよいよ”ポストイナ鍾乳洞”長いトロッコ列車にのり、内部へ(全長28q、5qが人が入れる)
     もの凄い人で世界中から来てるよう。特に中国の方が多いですね。(自撮り棒が流行っていて、禁止なのに…・)
     ヨーロッパでは一番だそうです。兎に角広く、素晴らしい白や淡いピンク系の発色で自然の織りなす形が、  
     美術品の彫刻や風景画が連なっているよう。兎に角凄い!!トロッコから降りて、延々と歩く、1時間は歩いた。
     ⇒
オパティアへ(約62q)アドリア海に面している。”ホテルアストリア泊
  9/26(20℃)朝8:00出発、⇒
プーラへ(約92q1時間半)ここからはクロアチアです。晴天20℃
     今回は何度もバスで国境を超えました。その都度、パスポートを集めたり、かなり厳しいですね。
     今迄の旅行もヨーロッパ国境越えはあったけど、パスポートさえも集めた事はなかったです。
     イストリア半島は紀元前からローマに征服されているので、かなり長い間イタリア人が多かった。
     円形劇場、アーチの門等遺跡が多い。旧市街へ狭い路地等、イタリアに似ている。
     
ポレッチへ(バスにて60q)
     ここは、”
白トリュフ”が名産。白トリュフを使ったパスタ、美味しい。
     ”
エウフラシウス聖堂”旧市街散策、
     ターコイズブルーの”アドリア海”に面するリゾート地です。クルーザーも多くお金持ちのリゾート地
     ⇒
ロヴェニへ ”聖エウフェミア教会”60mの塔に登り、市内を一望、一面赤茶色の屋根が立ち並ぶ美しい街並み!
     狭くて高い階段を頑張った甲斐がありました。
     観光 青空市場にて、白トリュフをゲット。
     ⇒オパティアのホテルへ約1時間半⇒二泊目

     9/27(24℃)7:30出発、⇒トロギール⇒スプリットへ(
約398q)途中昼食(港町スクラギにてイカグリル)
         5時間バスに揺られて、やっと14:30
トロギールに到着!
         城壁に囲まれた小さな島。中世の街並みが残っている。”
聖ロブロ大聖堂
         鐘楼に登れるとのこと、狭いらせん階段をやっと上る、赤い屋根の美しい港町が広がる。
     
    16時30分スプリットに到着。”ディオクレティアヌス宮殿”(ローマ皇帝ディオクレティアヌスが余生を過ごした)ロマネスク様式
           19時ホテル到着。(ダルミナホテル)
      9/28 (27℃)8時出発、⇒ドブロヴニクへ(約236q)
         14時到着、旧市街散策。城壁巡り”一周1時間。雄大な景色を眼下に延々と歩いた!混雑も凄いが暑い!
         途中でジェラードを食べる。”美味しい!!”